LOGISTIC

安全性について

"安心・安全のアイテムを
届けるための検品

J.ドリームはサンタンのグループ会社です。
J.ドリームで取り扱う商品は全て、
同じくサンタンのグループ会社であるサンタン物流にて検品・検査を行なっています。
検品作業を自社で行うことで、より安心で安全な商品の提供が実現しています。

お客様の安全のため
全個体の検品を行なっています

J.ドリームはお客様に安心・安全に商品を楽しんでいただくためために、検品・検査を一貫して行い、万全な衛生管理体制のもと、商品を発送しています。

株式会社サンタンの製品も
検品を行なっています
サンタン物流はJ.ドリームの製品だけでなく、株式会社サンタンの一部製品の検品・検査も行なっています。

お客様の手に届くアイテムは不良品「ゼロ」を目標として掲げ、
品質管理の向上に努めています。

  • image

    機械・触診での異物混入検査

    機械で確認できるものは機械で、そうでないものは人の手で検査します。

  • image

    目視による異常検査

    アイテムの色や形状に異常が無いか、目視で確認を行なっています。

  • image

    動作チェック

    確認が必要な商品は正常に動くかどうか、動作確認を行なっています。

CLOSE UP

検品時は帽子を着用
異物の混入を防ぎます

検品作業中は帽子着用が義務づけられており、作業中の毛髪等の異物の混入を徹底して防いでいます。

不良品の中でも危険度の高い異物混入には、X線機械を導入し、入念に確認を行なっています。

正確に検品ができるように機械を導入
スタッフが正確に判断します

一部ぬいぐるみ等のX線が通らないものを除いて、アイテムの全てをX線機械を通して異物混入の恐れが無いかチェックを行なっています。 確認者である経験を積んだスタッフが僅かな異変も察知し、異物が混入されたアイテムの出荷を防いでいます。

  • image
  • image
  • image

「わたし達がみなさんの安全を守っています!」

アイテムを手にとるお客様のために、サンタン物流で働くスタッフの声をご紹介します。

お客様のための大切な作業
真剣に取り組んでいます

検品や検査を行なうわたし達は、アイテムの制作に直接関わってはいませんが、安全にお客様に楽しんで頂くまでが、「ものづくり」だと思っています。ですから、わたし達も「ものづくり」を行なう1員として作業に携わり、将来手に取ってくださる方の顔を思い浮かべながら、1点1点大切に検品しています。サンタン物流 検品担当者

検品後、出荷するまで
安全に大切に保管しています

検品が終わったら、アイテムが詰まった箱を出荷するまで倉庫内で運搬・整理します。これも大切な作業。慎重に行なわないと、せっかく検品したものを破損させてしまいかねません。わたしたちが関わったアイテムで楽しんで頂けるように、出荷するまで大切にアイテムを扱っています。サンタン物流 チームリーダー

2018 J.DREAM co.,Ltd. logo